滲出性中耳炎の原因

滲出性中耳炎(中耳カタル・耳管カタル)は、中耳(鼓膜の内側)に水様~粘性の滲出液が貯留した疾患です。幼稚園から小学校低学年の小児に多くみられます。

滲出性中耳炎の原因は、耳管の働きの悪さと耳管開口部周囲の炎症です。耳管開口部は鼻の奥にありますので、鼻やのどの炎症は耳管を通って中耳腔内に入りますし、又その炎症は耳管の働きを低下させます。すなわち急性副鼻腔炎、慢性副鼻腔炎(別名は蓄膿症)、急性咽喉頭炎、かぜ、アレルギー性鼻炎、アデノイド肥大などはすべて耳管の働きに悪影響を与え、滲出性中耳炎につながる可能性があります。

子どもでは、中耳炎が長引いて起こることが大部分です。背景に、耳管(じかん)の機能不全による中耳換気障害が存在します。アデノイド肥大や口蓋裂(こうがいれつ)、粘膜下口蓋裂(ねんまくかこうがいれつ)など、はっきりした原因が認められる割合は多くありません。
大人では、まれに上咽頭(じょういんとう)がんの初発症状である場合もあるので、片側のみで治療しても効果のない場合は注意を要します。